読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒か薬か

基本的に週に一回の更新です。毒か薬にはなることを書きます。

J-POP恋愛論 1.0「恋愛の初期的段階」について

J-POPの楽曲から恋愛を取り出すにあたって、いくつか基本的に共有しておくべき事項があるだろう。もちろん、本稿全体で述べたいのは日本人的な(あるいはJ-POPのリスナー的な)恋愛のモデルが存在し、それを実証出来るというようなことではない。しかしながら、楽曲の歌詞を分析していくなかで当然そのようなある程度形式化された上で受容されている恋愛の形があり、またそれを前提にして作られた楽曲もあるということは明白であろう。

 ここでは、「恋愛の初期的段階」という語を用意したい。恋愛の初期的段階は、物理的な、つまり例えば出会いから付き合うまでといった時系列的な初期性を表すのではなく、あくまで「恋愛に対する」態度の問題である。

 スタンダールが恋愛の経過を七段階にわけるときに、「第一の結晶作用cristalisation」と呼ぶ段階までの状態と、ほとんど同じであると考えてよいだろう。この段階においては、基本的にその恋愛は理想的な状態であり、相手の良い点、あるいはこの恋の非常にポジティブな面のみが現れてくる。そのような心的段階は、物理的関係としての恋愛のどのような時点まで存在するかはわからない。最初だけ、本当に突発的にそのようなものが生まれることもあれば、永遠にそのような状態がつづくと思うこともあるだろう(それはほとんど錯覚だろうが)。このような段階の特徴として考えられるのは、ある種の「自分勝手さ」である。恋愛はその発生過程からいって、基本的に主体的なものである。現代のJ-POPが受容されている社会において、我々は自由恋愛を前提としており、誰が誰をいつどんな場所で好きになってもそれ自体には倫理的な問題はない(例えば結婚している相手を好きになったとしても、それ自体は倫理的問題はないと考えるだろうし、そもそもそれを問題化させる方法が存在しない。倫理的な問題は、ある程度の度合いで法的な規制との相互関係にあるが、そもそも法的規制は方法論的にそれが実践される可能性がある対象にしか向かわないから人の心的態度に対してそれを問題視するのは公的には不可能であろう。また、そうでなくても実際にそれらが問題である、と考える人はいないだろう)。よって当然、誰かのことが気になり始める、好きになるというのは自分の気持ちとして主体的にスタートすることになる(「好きといわれると、好きになる」ということもあるだろうが、それにしても別に考える必要はない。ところで、そのようなテーマの楽曲がほとんど存在しないのはなぜだろうか)。

 有り体にいえば、恋愛の初期的段階というのは「自分の「恋愛への理想」が、今現在進行している恋愛において実現されている、あるいはされるだろう」と思っている段階のことである。この段階においては、その「理想」に当てはまる、あるいは無理にでもそのように解釈出来るもののすべてが重要さをもつことになり、その恋愛の中で意味を与えられる。

 例えば恋愛の初期的段階における「一本の電話」と、そうでない段階(まだ定義していないのだが、初期的段階でないと思えばとりあえずよい)の「毎日の会話」のどちらに意味を見いだすか(たとえば「思い出に残っている」のはどちらか」)といったことだろう。

 このような初期的段階が、ある一定程度の時間続くことを「純愛」あるいは「一途」といった言葉で表すこともできるかもしれない。今風にいえばその時間が短いことを「チャラい」ということもできる。しかしおそらくどんな恋愛にもこのような初期的段階は存在する。いきなり、恋愛がその次の段階からはじまるということは考えにくいだろう。前述した通り、スタンダールは、恋愛を段階的に見た時にこの初期的段階にあたるものを以下のように分類している。

 

①感嘆

②自問

③希望

④恋の発生

⑤第一の結晶作用

 

①、②は恋愛の対象に出会ったことによる喜び、確認である。また③ではその確認をよりたしかなものとして、検討することになる。これによって④でこれが恋として同定される。恋が発生すれば、「第一の結晶作用」がおこる。第一の結晶作用についてスタンダール

 

ザルツブルグの塩坑では、冬、葉を落した木の枝を廃坑の奥深くに投げこむ。二、三ヶ月して取り出してみると、それは輝かしい結晶でおおわれている。山雀の足ほどもない一番細い枝すら、まばゆく揺れてきらめく無数のダイヤモンドで飾られている。元の小枝はもう認められない」(スタンダール『恋愛論』

 

と、書いている。つまり、恋愛が発生することによってその恋愛対象を美化し、その本来の姿は見えなくなるということである。

 J-POPにおける恋愛の初期的段階は、この第一の結晶作用をより広義に解釈したものである。つまり、この結晶作用は「恋愛」そのものに対しても起こりえると考える。恋愛対象を、美化するということもありえるが、一方で恋愛の初期的段階であらわれるのは自分がしている「恋愛」そのものも美化し、それらのポジティブな点を代表しているいくつかのことを重要視し、またネガティブな点については目をつぶるか、あるいはそれほどネガティブでないと解釈をすることになる。登場人物たちが美しく彩られるのと同様に、その絵画をかざるフレーム自体が「ダイヤモンド」で飾られているのである。これを以下では「恋愛に関する「恋愛の初期的段階」」とよぶ。

 これはあるいは、「歌詞」という客観的視点を用いるために必要となることなのかもしれない。いずれにしても以下ではこのような状態を「恋愛の初期的段階」として、いくつかの恋の歌をみていきたい。