読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒か薬か

基本的に週に一回の更新です。毒か薬にはなることを書きます。

効率的とはどういうことか

 効率的であるということは、普通非常に良いことであるといえる。ほとんどの仕事や日常生活においてさえも時間の無駄をなくしたり、時間をうかせて別のことにつかえるようにするのはひとつのスキルとして認められているものだ。

 時は金なりというが、金を時間で得ることはできても(労働)、時間を金でえることは個人にはできない。時間をより価値あるものとして使うことは、非常に重要な問題であると多くの人が考えているのは間違いないだろう。

 友人のT氏は毎朝、顎髭を剃る時間が無駄だということで、すべて永久脱毛したという。たしかに短く見積もっても毎朝3分、ひげそりに時間をつかったとすると一ヶ月で約1時間半、一年で18時間分、活動時間で考えれば約一日分も時間を節約することができる。(脱毛に何時間かかるのかということは知らないが、当然これらより短い時間に設定されていなければ友人もそれを実施しなかっただろう)。逆に考えると私たちは一年のうち一日はひげそりだけをしている日があるくらいの生活をしていることになる。このように書けばT氏がいかに無駄を排除出来ているかが明らかになるといえるだろう。一日も時間があれば、安い脱毛サロンを調べてそれらを詳細に検討するには十分だ。

 このように日常には毎日見逃しつつある無駄な時間が多くあるといえる。以下でそれらを確認し、無駄な時間のないより良い生活を考えたい。以下はある朝をサンプルとして、ここからどれだけ節約出来るかとを考えた。

 

起床(眼鏡を探す時間がむだなためかけたまま寝起きする。約30秒の節約)。

起床後、朝食としてトーストと牛乳(トーストは薄切りを選択し焼く時間を節約、牛乳はコップを使う時間、洗う時間を節約するためにパックから直接飲む。1分30秒の節約)。歯を磨き、顔を洗う(寝癖は重力により、時間をかければなおるため直さない、2分節約)。着替える(寝間着の下に、翌日きる服をきておくことで着替えの時間をなくす。2分節約)。

 

 これだけで6分の節約である。年間では36時間の節約となり、起きている時間で言っても2日分も節約していることになる。2日もあれば、割れた眼鏡を買ったり、シワになった服を洗濯したりできる。